近江牛ステーキ重の駅弁は美味しい?

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

お肉ギフト博士のゆうです。
読んでくださり、ありがとうございます。

 

私はサラリーマンとして普段生活してますが、よく出張で名古屋や大坂に行きます。
西側は美味しい牛肉が多いのでいろんなお店に行きたいのですが、家に帰りたくてなかなかいけてません。
今回は名古屋駅で有名な「近江牛」の駅弁を購入しました。

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

本当は米原駅で売っている駅弁なんですね。
名古屋で購入できるのはやはり嬉しいです。

 

早速しゃないで、写真撮影です。
近江牛ステーキ重と東海道お茶じまんの組み合わせ。
車内で食べる駅弁はやはり旅している雰囲気が出てよいですね。疲れもとんでいきます。

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

この「近江牛ステーキ重」は駅弁の製造で有名な井筒屋さんのものです。
1500円と少々高いですが、一度は食べてみたいと思ってたんです。
美味しいと評判良かったですしね☆

 

高級感のある黒いパッケージにステーキの赤い色がおしゃれです。

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

大好きな原材料観察です。
甘味料は入っていますが、コレは赤カブの漬物に使われているのだと思います。

 

やはり化学調味料は使っていないですね。
期待できます。

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

外箱をはずすと、木目調の発泡スチロールのお弁当箱です。
井筒屋さんからのおしぼりが付いているので、売店の方が付け忘れる心配なし!!
お箸も同じです。

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

刻みのりをかけて、いただきます。

 

 

近江牛ステーキ重の味の評価

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

ココからお肉ギフト博士が味のレビューをしますね。
まず結論からいいますと、「普通」でした。

 

ステーキ名づけられているように、表面にわずかに焼き目が付いています。
しかし香ばしさはありませんでした。
まるでローストビーフのようです。
お肉の質も近江牛と付いているから、それは美味しいのだろうと思いましたが
ちょっと硬かった。おそらくモモ肉でしょうね、脂肪分が少なく肉の目が粗いです。

 

しそとごまで風味付けられた醤油味なのですが、ここに「のり」は必要ないかもしれません。
わさびを付けてくれたら良いかなと。

 

女性は好きですよ、きっと。さっぱりしていて、そこそこ満足感がある。

 

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

気になったので井筒屋さんのサイトみてみました。
近江牛の価格が高騰して一時販売中止と書いてありましたが
購入できたので米原や名古屋へ行った際に気になる方はどうぞ☆(2016年6月情報)

 

近江牛ステーキ重【ブランド牛駅弁】

 

厳しく味の評価をしましたが、一粒残らず感触しました。
決してまずくはないです。本物のブランド牛のステーキは美味し過ぎますからね。
こうなってしまいます。

 

 

ちなみに、以前食べた「近江牛としょいめし(1200円)」コチラは相当美味しいですよ、オススメします。