お肉はお中元を贈るのは良いに違いない

お肉ギフトはお中元に喜ばれる?

 

お中元は一年のなかでも最も暑い時期に感謝の気持ちをこめて送るものです。
元々は中国の道教の教えと仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事が日本で結びついて生まれた習慣だそうです。
先祖への感謝を示す習慣が今では日頃お世話になっている人へのお礼やこれからのお付き合いをお願いするために贈り物をする行事になっているというのも不思議なものですね。

 

お中元に喜ばれる贈り物とは

お肉ギフトはお中元に喜ばれる?

 

お中元は真夏の暑い時期ということで、夏を感じさせるものは定番でしょう。
ビールセットやそうめん、アイスクリームギフト、水ようかんなど昔家に良く届いていたのではないでしょうか。
子供の頃はカルピスが嬉しかったなぁ〜
お子さんのいる家庭にはみんなで楽しめるものが良いですね。

 

カルピスでも喜んでもらえるのでしょうが、今ではスーパーなどに普通に売っていることもあり
季節感がなくなってきているのも確かです。
私がオススメするのはメロンなど季節の高級フルーツやバーベキューや焼肉などビールと相性のよいお肉かと思います。

 

 

知っておくと良いお中元のマナー

お中元は「恒例の贈り物」という雰囲気が強い贈り物です。
一度贈った方には継続して贈るのが良いとされています。前年に比べて明らかに値段を下げた品物を贈るのはあまり印象が良くありません。

 

無理のない金額で選ぶようにしましょう。
贈った先の方が喜んでくれた場合には、同じ品物というのも年を重ねるごとに季節感がプラスされていくのでオススメです。

 

お中元には手紙やメッセージカードを付けられると更に良いです。
メッセージカードを付けてくれるお店であればそれで問題ないと思います。最近のネットショップはしっかり対応してくれるところが多く安心できます。
もし付けられない場合でも事前にお手紙を贈っておくなどすれば大丈夫でしょう。

 

 

贈る相手が喪中のときはどうするか

お中元は、お祝い事ではなく感謝の気持ちを表す習慣なので贈っても失礼にはなりません。
先方の身内の方が亡くなって、忌み明けしていない場合には注意が必要になります。
時期をずらして「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」として贈ると良いでしょう。

 

かけ紙は水引きや熨斗の印刷がされていない無地のものか略式の短冊に文字を入れてもらいましょう。

 

 

お中元を断りたい時のマナー

お中元やお歳暮を断りたい、あるいは贈るのをやめたいと感じることもあります。
疎遠になってしまった、会社関係の方に贈っていたが会社を辞めたので必要なくなったなど理由は様々でしょう。毎年恒例になる季節の御挨拶ですが、今後断りたい時のマナーをお教えします。

 

品物が届いたらお礼状とともに、同程度の金額のものを送ります。
お礼状には「いつまでも心づかいをいただき、大変恐縮しております。今後はお気遣いのないよう、お願い申し上げます」と記載しましょう。

 

贈るのを辞めたい時には、突然勝手に辞めてしまうのは失礼にあたります。
徐々にやめる方に動いていきましょう。具体的にはお中元・お歳暮両方ともに贈り物をしていた方は最初はお歳暮だけに減らすのが良いと思います。また金額を減らしていくのも良いと思います。段階を経てやめると相手も事情があるのだなと察してくれると思います。