贈り物のマナー 〜こんなときにはどうしよう〜

目上の人への贈り物

結婚祝いや香典、病気見舞いや災害見舞いには現金を贈るのが一般的ですが、それ以外のシーンやイベントで目上の方に現金を贈るのは失礼にあたります。
逆の立場になって見ましょう。年下から現金をもらうのは違和感がありますよね。

 

結婚の仲人のお礼などで現金を渡す場合には、現金だけでなく菓子折りなどを必ず準備しましょう。
あくまでも現金は添え物としてお渡しするのがマナーとなっています。

 

また、品物を選ぶ際は自分の経済力に見合ったものを渡す方が良いです。
金額を身分相応にしたら、その予算内で相手の好みを考えて選んであげると両者ともに嬉しい思い出になると思いますよ。

 

 

今後贈り物を辞退したい

お中元やお歳暮をもらっていると、お返しを考えるが大変ですね。
経済的に厳しくなってしまったり、もらいたくない贈り物に関しては、その気持ちは相手に伝えてあげるのが良いです。
贈り物をすでに受け取っている場合には、感謝の気持ちとともに
「今後はこのようなお気遣いをなさらないようお願い申し上げます」というように丁重にお断りしましょう。

 

感謝の気持ちを入れないと、冷たい印象を与えてしまうのでお礼の言葉を伝えてくださいね。

 

 

お返しにお礼状は必要?

こちらから贈り物をして、相手からお返しの品をいただいた時にお礼状を書くべきか悩ましいですね。
いつまで連絡を取り合うのだろうと不安になります。
目上の方の場合にはこちらから連絡を途切れさせるのも失礼に感じてしまう気持ちはわかります。

 

ただ、基本的にはお返しに対するお礼状は不要です。

 

香典返しなど話を長引かせない方が良いものについてもお礼状は必要ないです。

 

 

 

贈り物のお返しをするときの金額は?

結婚祝い、出産祝い、引っ越し祝いなど慶事の場合には、お返しは目下の人へ贈る場合には同額程度のものが良いとされています。
目上の人や友人や会社の同期など同等の相手には半額程度のものにします。

 

また、弔事の場合には目上・目下関係なく、もらったものの半額〜3分の1程度の金額を目安にするのが一般的です。

 

お返しはもらってからすぐに返すのではなく、10日〜1ヶ月以内に相手に届くようにすると良いです。

 

 

 

第2子以降の出産祝いの金額目安について

出産の御祝は可能であれば、第2子以降も差別することなく贈りたいものです。
なるべくですが同等の金額が望ましいです。
負担になる場合には第1子の4分の3〜3分の2程度にしてもかまいません。
親しい間柄の場合には相手に直接欲しい物など希望を聞くのも良いと思いますよ。