日本一のブランド和牛「松阪牛」を本場まで食べに行きました☆

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

会社の関係で名古屋・大坂へ行くことが多い、お肉博士ユウです。
今回は後輩と一緒にちょっと寄り道して松阪へ旅してきました。普段いろいろお世話になっているのでたまには先輩らしく御馳走してあげたいなと思いまして。目的はもちろん日本一の黒毛和牛「松阪牛」です。
この牛のオブジェの写真は松阪駅前のタクシー乗り場のところにあるものです。実際には小さいので見逃さないように。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

松阪はリオオリンピック、レスリングで金メダル土性沙羅選手の出身地なんでしょうね。松阪駅にはお祝いムードがありました。ただ、駅前は意外と静かでした。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

全国的に有名なすき焼きの名店が町を歩いていると、簡単にみつかります。
まずは「牛銀本店」こちらお取り寄せもできるようです。
本場松阪牛の老舗の味が食べたい方は通販良いかもしれません。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

松阪の金銀の金は「和田金」です。
立派なビルでコチラのお店は電車で名古屋方面からくると、松阪駅の手前でもお店を確認することができます。
和服の女性、スーツの男性が入り口でお迎えしてくれます。

 

すき焼きを食べたかったのですが、1万円を越える御馳走はさすがに後輩も恐縮してしまうだろうと思って今回は外しました。個人的には和田金のすき焼きが一番食べたかったです。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

歴史を感じられる町並みも必見です。
教科書で勉強したことのある本居宣長のおうち、三井財閥の発祥地などすごく狭い範囲で見どころがたくさんありました。旧長谷川邸は国の重要文化財に指定されている観光地。一人であればゆっくり回りたいところですが、残念ながらちょっと立ち寄っただけでした。無料でみられるので、近くまで行った時には要チェックです。

 

 

安くA5ランクの松阪牛を食べられる人気店「一升瓶 本店」

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

東海地方で支店を多く持つ一升瓶の本店です。
大きな道路沿いにあるので分かりやすいと思います。「はなれ」はすき焼き専門店のようでこちらは新しそうでした。今回は歴史を感じられる本店の本館の方です。
このお店は松阪の中でも特に人気があるお店なんです。
A5ランクのお肉セットが5000円で食べられるんです。関東のお店の場合には2倍近くするものだと思います。
さすが本場、ご当地グルメですね。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

夏の終わりは、ビールと焼肉で決まりですね。
A5セットについてくる、キムチがうま味たっぷりで最高によいおつまみになりました。
私は酸っぱすぎるキムチが苦手なのでちょうど良かったです。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

遂に登場しました、「A5ランクの特撰ロース」です。
霜降りがしっかり入ってよいお肉です。焼肉ですか?と思うくらいの厚みです。
1センチくらいはあるかと思います。

 

岩塩をふって食べるのだそうです。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

A5だという印がしっかり付いていました。
固体識別番号も刻印されていて、本物であることが分かって良いですね。

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】

 

両面をさっとあぶっていただきます。
こんなに美味しいお肉を食べたのは初めてと後輩君は喜んでくれてました。
お肉博士は嬉しそうな顔をみて、大変満足です☆

 

お肉の味だけ考えると松阪牛はお取り寄せしたほうが安くて美味しいと感じました。
お店で食べると場所代や人件費など上乗せされるので、同じ値段の場合には通販によるお取り寄せのほうが良質なのは必然でしょうが。
私が一番美味しいと思っている松阪牛のお店の情報を載せておきますね。

 

 

松阪牛を三重県松阪市で食べる【体験レビュー】