名古屋駅で購入した駅弁|近江牛ステーキ弁当を食べてみました

 

名古屋駅で購入できる駅弁にブランド牛のものはないかなと、探してみるとちょうどお隣の駅が米原だったりするということから近江牛のお弁当が何種類かおいてあります。これまでに「近江牛ステーキ弁当」と「近江牛としょいめし」を食べてかなり気に入ったので今回は「近江牛ステーキ弁当」を購入してみました。

 

飲み物が紅茶花伝ですが、ステーキにあわせようと思ったわけではないです。ちょっと疲れていたので糖分を摂ろうと思ったんです☆早速新幹線の中で食べることにしました。のんびり「こだま」で食べるとすいているし、食べた後に一眠りできるしで結構オススメです。

 

 

あけてみると、2つの袋が入っています。

  • 日本食研のステーキソース
  • 西洋わさび

 

美味しそうとは思うけれど、想像した通りの味になる予感。。

 

 

いただきます!!
近江牛の時雨煮となすとしいたけのおかず味噌がついていて、ご飯が進みます。
付け合せはブロッコリー、にんじん、ポテトサラダですが、冷凍したのかちょっとぼそぼそした食感になっていました。
お肉の味は、

 

 

確かに美味しいです。さすがにブランド、銘柄牛の近江牛の味わいです。香りは黒毛和牛ならではのアロマです。
ただお肉はステーキというには程遠く、すき焼き肉としゃぶしゃぶ

 

 

 

味については、コンビニ弁当よりは美味しいとは思うものの、味付けに特に工夫がなく1500円は少々高いように感じました。