進化したレトルトカレーまとめ|話題の銘柄牛を使ったカレー

ブランド牛を使ったカレーの旨みがすごいと話題になっています。こうしてみると知らない銘柄牛もあるものですね、勉強になります。
どんなカレーがあるのか商品まとめてみました。

 

伊万里牛黒カレー

進化したレトルトカレー|銘柄牛を使ったカレーが話題

 

伊万里牛は通称で、実際には「伊万里産佐賀牛」になります。もっとシンプルにいうと「伊万里牛」は「佐賀牛」ということです。佐賀県農業組合管内の飼育農家で飼育される黒毛和種の和牛のうち、5または4等級以上という基準をクリアしたお肉に名づけられます。肉質は柔らかく、肉色が鮮やかで脂肪の質も抜群だそうですが、佐賀県は米どころとしても近年有名になっているので環境がよいのでしょうね。

 

美味しいお肉をとろとろになるまで煮込んだようで旨みはたっぷりなカレーになっていそうですよ。

 

 

熊野牛と柿チャツネカレー

和歌山県のブランド牛である「熊野牛」を使ったレトルトカレーです。熊野牛の歴史は深く平安時代に荷牛として来た牛にルーツがあるんです。その後味をよくするために兵庫県の但馬牛を掛け合わせて作られたのだそうです。風味が松阪牛や米沢牛に近いとも評される柔らかいお肉をしっかり使ったビーフカレー。熊野牛の牛骨を煮込んだスープを使って味わい深く仕上がっています。

 

 

 

能登牛カレー

能登牛は上質な赤身とバランスのとれた脂質のうまみ、さらには後味の良さが特徴のお肉です。幻の肉ともよばれ、希少性は高いです。かつては加賀百万石といわれ国内でも屈指の繁華街でした。最近では新幹線が金沢まで行くことになったこともあり、大変盛り上がってます。観光地として今人気の土地で実際に食べられればいいのでしょうが、地元の和牛を使ったレトルトカレーというのもいいですね。

 

 

福井 若狭牛カレー

福井県の若狭の豊かな自然の中で丁寧に育てられた若狭牛は全国的には有名ではないですが、松阪牛や神戸ビーフと同様但馬牛の系統の黒毛和種です。県の北側嶺北地方で多く育てられており、枝肉格付が3等級以上であることと、BMS4以上のものに名付けられます。じもとではごちそうとして知られており、きめ細かい肉質が特長です。独自の配合のスパイスでうまさにこだわったレトルトカレーです。

 

 

 

びえい牛ビーフカレー

びえい牛は北海道産のご当地牛肉で、ホルスタイン種と黒毛和種の交雑種とうことで乳牛を多く育てている北の大地にふさわしいブランド牛と言えますね。この牛肉を使ったレトルトカレーが販売されています。牛肉だけでなく、チキンやリンゴ、バター、はちみつを使っており食べやすい味なのが特徴です。

 

 

龍馬の土佐和牛カレー

土佐和牛はほかの有名なブランド牛とは異なり、褐色和種という品種の和牛になります。地方特定品種と呼ばれ、温かい高知県の夏の暑さに強い品種で他の地域では育てにくい品種です。熊本の赤牛と同様に赤身がおいしいのが特徴で、イノシン酸などのうまみ成分が豊富です。このレトルトカレーは非常に人気が高く、売り切れ続出の商品です。お肉自体も希少性が高いのに、加工食品も手に入りにくい。高知の「土佐和牛」なかなか贅沢ですね。

 

 

丹波篠山牛カレー

神戸ビーフのふるさとともいわれる丹波篠山地方は黒豆で有名ですね。お肉は黒毛和種でいわゆる和牛の香りがしっかりする人気の品種です。神戸ビーフ自体は高級お肉になりますが、こちらはコストパフォーマンスが優秀です。カレーも牛肉の旨みが溶け出しており、濃厚な味わいです。もう少しお肉をゴロゴロ入れてほしいと感じますね。年間の集荷数量を制限されているレアなレトルトカレーになります。

 

 

鳥取和牛カレー

鳥取県のブランド牛には鳥取牛や鳥取和牛オレイン55などがありますが、「鳥取和牛」を使ったカレーです。20世紀梨ワインで煮込んだフルーティーな味わいです。ブランド牛を使用している割には価格が低く設定しており、ブランド和牛カレーの入門としておすすめです。

 

 

秋田由利牛カレー

秋田由利牛、読み方がわかりにいですが、「あきたゆりぎゅう」とは、JA秋田しんせいの由利牛肥育部会員の飼育した黒毛和牛になります。ご当地ブランド牛ですね。肉質等級が5等級及び4等級のものとし、3等級の場合は30ヶ月齢以上のものに対してブランド化しているようです。秋田由利牛カレーはお肉がたくさん入っていて贅沢な気持ちになります。お野菜はマッシュルームのみ形状を保っているので牛肉好きのためのカレーといっていいと思います。

 

木曽牛カレー

木曽牛って聞いたことなかったです。それもそのはず、一般に出回ることの少な「幻のブランド牛」と呼ばれる牛肉なんです。元々この地方では牛の飼育は繁殖用のものが多く、食肉用としては育てられていなかったようです。癖のない味わいのお肉らしいので、他のブランド牛のカレーよりもさっぱりしているのでしょうね。こちらは味わったことがないので、是非一度は味わってみたいです。

 

 

八代産トマトと阿蘇あか牛のカレー

近年牛肉の赤身が大変流行しているので、このブログに来てくださる方はすでに食べたことあるかもしれませんね。松阪牛などの黒毛和種とは品種が違うのがこの阿蘇あか牛です。赤身のみずみずしい旨みは一度はステーキで食べてほしいですね。
そんな阿蘇あか牛のレトルトカレーが発売中です。トマトの酸味とお肉は相性がよいのですが、もうちょっとお肉を入れてほしいと感じます。

 

三瓶牛カレー

石見銀山は世界遺産にも選ばれているので地名自体は聞いたことがありますね。出雲大社で有名な島根県のほぼ中央に位置している、日本最大の銀山が「石見銀山」です、この山が存在する三瓶山麓のかわむら牧場でそだてられた三瓶牛を贅沢に使ったレトルトカレーです。

 

 

常陸牛ビーフカレー

常陸牛(ひたちぎゅう)は茨城県の指定された生産者が飼育したものであり、日本食肉格付協会枝肉取引規格において歩留等級AまたはB、肉質等級4以上に格付けされた黒毛和種の牛肉のブランドです。飼料にもこだわりのある銘柄牛ですが、カレーに贅沢に使っているのはいいけれど一つ2000円越えはなかなか高い。美味しいのだとは思うのですが、これだったら本当のお肉を自分で買うなと思ってしまいます。