日本全国の銘柄牛一覧|まだ知らない美味しい牛肉に出会えるかも

日本全国の銘柄牛一覧|まだ知らない美味しい牛肉に出会えるかも

北海道のブランド牛について

北海道はスーパーマーケットに行くと良くわかる通り、酪農がとても盛んです。いわゆる乳牛ですね。そのため他の地方とは異なるホルスタイン種のお肉の品種が飼育されていたりします。とにかく広大な敷地でのびのびと育てられているため、お肉は想像するよりもはるかに良質です。

 

ホルスタイン種の銘柄牛

Do Beef

北海道で飼育されるホルスタイン種の食肉用のブランド牛の代表的なものになります。脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富なのが特長です。北海道全域から牧草に恵まれた地域が選ばれて育てられている。肥育期間は24か月である。

 

チクレンフレッシュビーフ

こちらも北海道の自然豊かな大地で育てられるお肉。乾燥した租資料と配合飼料の組み合わせを行い、安心で安全なお肉づくりをされています。

 

はこだて大沼牛

北海道のホルスタイン種の銘柄牛のひとつ、「はこだて大沼牛」観光地としても有名な七飯町の大沼国定公園のなかで育てられたお肉です。飼育する数もしっかり管理しているため、牛にも優しいお肉です。

 

しほろ牛

十勝北部にある東大雪山の農業地帯、士幌町で飼育されたホルスタイン種の牛です。お肉は赤身のジューシーさに特徴があります。

 

未来めむろうし

読み方が良く分かりにくいかもしれません、「未来芽室牛」。芽室町で育てられた銘柄牛になります。やはりホルスタインの場合には脂肪が少ない、あっさりとしたお肉になります。肥沃な大地で育てれば品種によらず美味しくなるのでしょうね。

 

トヨニシファームの十勝牛

トヨニシファームの十勝牛はホルスタイン種、十勝和牛は黒毛和種。全く味が違うのでお気を付けください。赤身肉がおいしいとされ、育てるための肥料にはトウモロコシ、大麦、大豆、小麦などたんぱく質を多く与えて育てられています。

 

 

 

 

ホルスタイン種以外の北海道のブランド牛

はこだて和牛

「はこだて大沼牛」と間違えられる方も多そうですが、品種から全く異なるのが「はこだて和牛」です。和牛とついていることから、ホルスタイン種ではないと分かった方はすでにお肉初心者を卒業されています。このはこだて和牛は褐色和種といわれる品種で、九州の「あか牛」が有名です。品種自体希少なためブランド力は特に高いです。脂肪分がすくなく赤身がおいしい。柔らかさとお肉らしい味わいが特長です。

 

いけだ牛

褐色和種の品種のブランド牛。十勝ワインが有名な池田町で育てられる良質な肉質で人気のある北海道の銘柄牛です。脂肪分が少ない品種なのですが、霜降りの状態が良いです。飼育数が限られているので、全国的にはあまり出回っていない地域密着型のお肉です。

 

 

 

 

やっぱり美味しい黒毛和種のお肉

十勝和牛

銘柄牛といえばやっぱり黒毛和牛でしょうと考えている方は多いのではないでしょうか。十勝平野でとにかくたっぷり太陽を受けて飼育された全国的にも知られる優良ブランド牛です。肉質は甘みのある霜降りの状態、とにかく口に入れて美味しいと感じられます。地元の牧草、麦などを使っているので、安心・安全な牛肉ですね。

 

オホーツクあばしり和牛

黒毛和種の人気ブランド牛です。北海道北部のきれいな空気と冷涼な気候が育てられたこだわりのお肉。脂肪の風味ととろけるようなまろやかさがあります。赤身の部分も柔らかいのは寒い地方で脂肪分が細かく入っているためだと思います。

 

 

 

青森県の銘柄牛について

日本全国の銘柄牛一覧|まだ知らない美味しい牛肉に出会えるかも

 

青森県では八甲田山のふもと、十和田湖の周辺など多くの牧場で牛が飼育されています。

 

あおもり倉石牛

黒毛和種で希少価値が高い銘柄牛です。五戸町の倉石地域で飼育されている牛の中から選ばれた牛だけに銘柄がつけられますが、月に約40頭しか選ばれないんです。ジューシーで脂肪の溶ける温度が低いため、お口の中で溶け広がる感覚があります。ステーキなどシンプルに食べたいお肉です。

 

 

あおもり短角牛

青森県の南部の和牛です。日本で古くからの在来種「南部牛」と明治の初めに輸入されたショートホーン種を掛け合わせて作られたお肉、で種類は日本短角種の一種です。牛の毛色が濃い赤褐色であることから「赤ベコ」という名称でも呼ばれ、青森では古くから飼育されていました。味わいが深いお肉で、さっぱりしているので健康志向の方にはおススメできるお肉です。

 

八甲田山牛

日本短角牛に位置づけられる、赤身肉に特徴がある銘柄牛です。あおもり短角牛のひとつです。標高500m付近までの一で放牧される牛たちは、ストレスなく育てられています。赤身肉にはグルタミン酸などのうまみ成分が多いです。とくにサーロインは美味しいと評判です。

 

 

宮城県の銘柄牛

宮城県は国内でも有数の美味しいお米がとれるような豊かな自然環境があるため、牛肉もハイクラスのものが存在します。特に仙台牛はA5もしくはB5ランクのみをブランドとして認めるなど、全国的にも上質なお肉を生産しています。

 

漢方和牛

 栗原地区で飼育している和牛です。健康な牛を飼育するために、餌に14種類ものハーブをブレンドしたものを池沼しています。肉は香りが少なく、さっぱりとした赤身が人気です。また、肉質も柔らかいので簡単に炙って食べる焼肉で召し上がるのが良いでしょう。

 

仙台牛

 全国でもトップクラスの品質を誇る東北地方を代表するお肉です。黒毛和種で肉質は霜降り状態が美しいです。日本食肉格付協会の評価でA5もしくはB5ランクのみを認めており、美味しさもお墨付きですね。脂肪と赤身のバランスが良いので、しゃぶしゃぶ、ステーキ、焼肉どれを選んでも良いです。

 

 

 

秋田県の銘柄牛

秋田由利牛

秋田県の由利本荘市で飼育された黒毛和種のお肉で、食味が良いことから近年注目されている品種になります。飼料に秋田県産のお米を使うなどの特徴があります。ロースはすき焼き、焼肉、しゃぶしゃぶとして美味しいです。流通量は少なめですので、見かけたら是非試しに食べてみると良いと思います。

 

鹿角短角牛

秋田県の全域で飼育されている短角牛。やはり短角牛ということで、赤身部分に旨みが豊富に含まれています。岩手県の銘柄牛の短角牛と比較すると飼育日数が長い。これによって肉の旨みが多くなっている。その分柔らかさという点では、いわて短角牛に軍配が上がる。
肉厚に切ってステーキにするなど、赤身のお肉を味わえる調理方法がおススメです。

 

 

 

山形県の銘柄牛

山形県は夏厚く、冬寒いという気候があり、昼夜の気温差も大きい。これによって牛にとっては過酷な条件になるが、牛の体重がゆっくり増加するなどの牛肉として考えた時に良い点が多い。また、山間部から流れてくるお水はミネラルが豊富で牛の健康を高いレベルで保つことができている。肉質は細やかで、米沢牛は日本三大和牛に数えられるほどです。

 

米沢牛

米沢牛は「山形県米沢市のある置賜地方で飼育された黒毛和種で、米沢牛銘柄推進協議会が認定した飼育者が育てた、18か月以上継続して飼育されたもの」という条件のものが定義されているブランド牛です。
黒毛和種の銘柄牛肉であり、松阪牛・神戸ビーフと肩を並べる有名なお肉です。当サイトでも美味しいお肉ランキングを独自に決めていますが、常に上位に位置しています。脂肪分の甘みがひときわ高いことから、すき焼きや牛刺しとして食べるのがおススメです。

 

 

山形牛

古くから食肉用の牛を飼育されたところから、始まっているが、昔は「飯豊牛」「西川牛」「天童牛」「東根牛」と多くのご当地お肉が存在した。1962年にこれらのお肉の統合、統一化を図って生まれたのが、山形牛です。山形県の風土からくるものなのか、このお肉も甘みが多く感じられ、すき焼きや牛鍋として食されるのが人気です。

 

 

蔵王牛

山形県と宮城県の間にまたがる蔵王山の麓に蔵王高原牧場と蔵王ファームという牧場で飼育されたお肉。大自然のなかで育てられた牛は、良好な環境で育てられ、柔らかい肉質と口に入れた時にとろけるような感覚を味わえる。地元では好んで食べられ、近年は観光者にも人気が出ている。

 

 

 

 

茨城県の銘柄牛

茨城県はあまり全国的に知名度はたかくないものの、多くのブランド牛があり、その一つ一つの品質は高い。銘柄牛の種類も多く、もっとも有名な常陸牛を筆頭に、紬牛、筑波牛、花園牛、山方牛、紫峰牛などがあります。

 

 

常陸牛(ひたちぎゅう)

常陸牛は黒毛和種のうち、特に茨城県に認められた生産農家が作った牛肉に与えられるブランド牛です。歩留まり等級がAまたはBで、肉質等級も4以上である必要があります。温暖な環境で飼育されているが、霜降りは良質なため東京中心部のレストランなどで見かける機会も多い。

 

紫峰牛

紫峰とは茨城県の筑波山が夕日によって紫色に見えることを呼ぶのですが、これを銘柄に使用したご当地牛肉です。その他のブランド牛は多くが作られる地方や牛の品種を使うことが多いことから、ちょっとおしゃれな印象が出ます。赤身の肉質はきめ細やかで、さしも美しいのが特長です。焼肉で食べるのが人気です。

 

 

紬牛

茨城県の西部で飼育期間を長くとった黒毛和種で、肉ランクはA3〜5、B3~B5と条件は甘め。他の地域ではあまり見かけることがなく、ご当地感が高いという印象。

 

 

 

栃木県のブランド牛について

栃木県は関東地方の北側であり、比較的標高の高い那須野原大地など銘柄牛を多く生産しています。種類も多岐にわたっており、なかなか関東地方以外ではすべてを制覇するのは難しいかもしれませんね。宇都宮牛、とちぎ和牛、大田原牛は全国的にも知名度高めです。

 

日光和牛

いろは坂で有名な日光は日光連山とも呼ばれる山の多い地方ですが、この山の麓では美味しい牛が飼育されています。まろやかな風味が特徴で、そのままお肉料理で使用されることももちろん多いですが、ソーセージなどに加工されて食卓に並ぶことも多いです。

 

 

宇都宮牛

栃木県の宇都宮市で飼育されている黒毛和種です。全国的にもまずまずの知名度で、観光通ではみんみん餃子を食べ飽きたら、宇都宮牛かなと考えると思います。この地域はそこまで多くの郷土料理がないため、牛肉好きでしたら是非宇都宮に立ち寄ったら食べておきたいですね。

 

肉質は特に評価が高く、脂肪にも甘さとうまさを感じられます。松阪牛や神戸ビーフほどではないですが、全国でもトップレベルのおいしさです。

 

おやま和牛

小山市で飼育されている黒毛和牛です。特に肉質が良いAランクもしくはBランク以上のものだけに「おやま和牛」というブランドがつけられます。他の黒毛和牛の銘柄牛と同様に一定の美味しさがあるのは間違いないが、ギフト商品としては知名度が低いです。お土産としては喜ばれるレベルだと思います。

 

とちぎ和牛

栃木県内で生産されている黒毛和種「とちぎ和牛」。近年プレミアムブランドとしてより「とちぎ和牛匠」いう商品を開発しました。これは基準がかなり厳しくA等級のなかから、一定レベル以上の霜降りがあることなど、吟味されたお肉です。霜降りはきめが細かく、焼肉で食べると美味しいと評判です。東京都内でも有数の高級店がならぶ、銀座でも特に高い評価を得ています。「銀座栃木屋」さん食べログでも評価高いですね。

 

 

群馬県の銘柄牛について

群馬県は利根川水系の豊富な水に恵まれており、昔から美味しい牛肉がとれると評判です。とくに「上州牛」は知名度が高く、うまみも安定しているためギフト用としても良いと思います。
お取り寄せもできますが、この地域は温泉観光でも楽しむことができるためホテルや旅館で料理人が作ったお料理で食べるのも楽しいと思います。その他として大河ドラマ真田丸で一躍人気が出た赤城牛がお勧めできます。その他には上州新田牛、榛名山麓牛などがある。

 

 

上州和牛

群馬県内で飼育され、群馬県食肉卸売市場で取引される上州肉の中で、黒毛和種のものを「上州和牛」と呼びます。血統も申し分なく、全国でも指折りの品質のお肉になります。柔らかい・甘い・うまいということで、部位によってしゃぶしゃぶ・ステーキ・焼肉とどれを食べても美味しいです。衛生管理も徹底されており、安全性も高いことから女性にも人気があります。

 

赤城牛

自然豊かな赤城山の山麓で育てられたお肉、お肉の品種は黒毛和種・交雑種など。飼育は上州和牛と同様に安全性には定評があります。お肉が柔らかいのが特徴です。観光で見かけたら食べておけば良いレベルですね。

 

 

東京都のブランド牛

東京で牛なんて作ってるの?

 

私も同じように感じていますが、あるんです。しかも黒毛和種です。秋川牛がそのご当地銘柄牛です。東京都西部のあきる野市で飼育されています。さっぱりとしていて赤身には定評があります。都内でもかなり希少です。出会ったら話のネタとしてまずは食べてみてください。

 

神奈川県のブランド牛について

神奈川県は横浜など都会のイメージがあるかもしれませんが、厚木や箱根など自然豊かな環境なんです。丹沢水系のお水も美味しいので良いブランド牛が育てられます。神奈川県のブランド牛は全国的に有名で「足柄牛」「箱根牛」「横浜ビーフ」があります。

 

足柄牛

意外にも足柄牛は黒毛和種とホルスタインの掛け合わせで作られたお肉です。飼料にこの地域のもう一つの名産品である足柄茶が使われているのが特長です。肉質がしっかりしており、現在美味しいといわれる松阪牛と比較すると旨みは少なく感じてしまいますね。比較的お安く手に入れられます。贈答用としては少々インパクトが少ないかと思いますのでお勧めはしません。

 

葉山牛

別荘地として知られる葉山は芸能人が住んでいたりと高級なイメージがあります。葉山牛は三浦半島酪農組合連合会の指定された会員が、指定の餌を与えて育てた牛肉です。黒毛和種であり、さらに条件として未経産雌牛か去勢牛でなくてはならないなど、お肉の柔らかさにこだわりがあります。このため他の牛肉と比較すると少々高価です。甘み旨みなど十分であり、是非食べていただきたいお肉です。

 

 

新潟県のブランド牛

新潟県のご当地ブランド牛は村上牛・佐渡牛が有名です。条件としてはまずまず厳しく、黒毛和種の中で去勢牛もしくは未経産牛でなければなりません。また、血統も明らかでなければならず、枝肉の品質がA・Bランクで、3等級以上のものとされています。特に村上牛は日本三大和牛の米沢牛の産地である山形県にほど近く、良好なお肉が育つ環境になってます。

 

村上牛

全国肉用枝肉共励会で最高の賞(名誉賞)を何度も受賞経験がある、美味しいと評判のお肉です。あまり知られていませんが肉の柔らかさやお肉の香りなどはかなりのレベルです。出荷数が少ないため、新潟県内での消費がほとんどです。ステーキやすき焼きなどで食べるのがおススメです。枝肉格付けがAランクかBランクであり、4等級以上のものに銘柄が授けられている。

 

越後牛

赤身肉がおいしいとされており、十分に肉質は柔らかいです。新潟の豊かな気候を生かした牛で、色味や霜降りのさし具合もまずまず。

 

くびき牛

くびきとは、新潟の方言かなと思いましたが、銘柄牛らしく元は土地の名前のようです。新潟県の南西部の旧「頚城郡(くびきぐん)」で生産されている牛です。黒毛和種で寒い地方である牛特有の引き締まったお肉ときれいな霜降りがあり美味しい。糸魚川や十日町などで飼育されているためにスキーや温泉好きの方は名前を目にする機会も多いのではないでしょうか。ステーキや焼肉として美味しいです。

 

 

 

富山県のブランド牛

富山県は緑豊かな大地で山岳地帯を源とした豊富な水量が特長です。このおかげで栄養豊富な牛が育てられます。ブランド牛の種類は農耕や運搬に使用していた日本在来種と但馬牛を交配して作った「氷見牛」や「とやま牛」が人気がある。

 

氷見牛

氷見牛(ひみぎゅう)とは兵庫県の但馬牛と在来種を交配して改良されたブランド牛です。肉質やサシの入り方が良いということで富山市では観光アピールしています。ストレスのない環境でこだわりの飼料で育てられた牛で、すき焼き、しゃぶしゃぶなど。

 

とやま和牛

富山県内で育てられたにつけられるブランド名です。12か月以上県内で飼育され、最長飼養地が富山県であることが条件です。また、黒毛和種であり、格付け3等級以上のものである。全国的には知名度低いため、贈答用としてはおすすめしない。

 

 

石川県の銘柄牛

能登牛

能登牛は兵庫県と鳥取県の和牛を掛け合わせ、改良した牛肉できめが細かく美味しいです。魚介類や加賀百万石の豪華なご飯だけに着目されてしまいますが、牛肉も是非たべてみてください。

 

福井県のブランド牛

若狭牛

若狭牛は明治時代より食べられてきた歴史のある肉牛である。その起源は兵庫県の但馬牛を改良して作られたものですが、福井県内や近隣地域では知名度も上がってきています。特に池田氏や坂井市で多く作られています。但馬牛や松阪牛同様にとろけるような甘い脂肪とうまみのある赤身のバランスが素晴らしいです。個人的には飛騨牛くらいまで食べつくした後に試してみるのがおすすめです。

 

山梨県のブランド牛

甲州牛

甲州牛研究会の会員が育成した黒毛和種に銘柄がつけられます。枝肉の等級は4または5としっかりと選定されています。非常に肉質が柔らかく、色鮮やかで美味しいです。お肉をギフトにしたい方は是非使ってみてください。日本3大和牛と比較すると若干ブランド力は高くないとおもいますので、山梨に縁のある方はどうぞ。

 

甲州ワインビーフ

山梨県は勝沼など世界でも知られたワインの産地です。山梨県特産のブドウからワインを作りますが、その時の残ったカスを飼料に混ぜて作られたのが甲州ワインビーフになります。ポリフェノールが多く含まれた餌によって、肉質がきめ細かいのが特徴になります。焼肉やステーキなどで美味しく食べられます。

 

 

長野県のブランド牛

信州の日本アルプスなど山が多い地域のため、きれいな水が豊富に得られるので美味しい牛肉が飼育されます。特に全国的にも有名な信州牛はブランド力も高く贈答用に使用しても喜んでもらえると思います。

 

信州牛

リンゴで育てた黒毛和牛として知名度が高い。リンゴの他にも砂糖や酒粕などを混合した飼料を使って育てられます。とろけるような食感と甘みが特長です。リンゴはお肉のおいしさにUPにつながっているかはわかりませんが、牛の食欲増進によって結構に寄与されているといわれています。ブランド力は長野県との中では上位です。

 

阿智黒毛和牛

生産頭数が少なく、希少性が高い黒毛和牛です。脂肪の融点は低く口に入れるととろけるような感覚があります。甘み、風味ともに上等ですが、これは南アルプスのきれいな空気と山脈から由来する澄み切ったお水が良いことが理由と考えられます。

 

 

 

 

岐阜県の銘柄牛

当サイトでも美味しいことでギフト用に適していると紹介している飛騨牛は全国的にも知名度が高く、美味しいです。ステーキ、しゃぶしゃぶ、焼肉とどんな料理でも最高に幸せな時間を過ごせると思います。ご当地料理に飛騨牛の朴葉味噌焼きステーキがあり、香ばしい香りと合わせて絶品です。朴の木の枯れた葉っぱの上で焼くのですが、生姜やネギ、シイタケ、みょうがなどの薬味を入れたお味噌と一緒に食べるのですが、うまみが倍増していて人気が高いです。自宅で炭火焼をするのは難しいので、是非旅行に行った際にお宿でゆっくり食べるのがおススメです。

 

飛騨牛

岐阜県の飛騨地方で飼育されている黒毛和種の牛肉です。他の地域のお肉と比較すると非常に肉質が良いことで知られています。但馬牛から掛け合わせて作られた牛肉で、きめ細かい霜降りと旨み、赤身も柔らかい特徴があります。噛むたびに美味しさが口に広がり、まさにブランド牛といって良いと思います。

 

肉の格付けランクは5・4・3等級を飛騨牛と呼びます。これ以外の格付けなってしまうものは「飛騨和牛」と名前が違いますのでご注意を。

 

 

 

静岡県の銘柄牛について

あしたか牛

静岡県の東部にある愛鷹山の麓で育てられた牛です。ご当地グルメとして「長泉あしたかつ」という縁起のいい名前のメンチカツがあり人気です。地元で楽しまれている地域限定のお肉です。静岡県では特に人気のある牛肉です。

 

伊豆牛

黒毛和種とホルスタインの掛け合わせで作られたお肉です。この地域では伊豆牛を使用したステーキが人気です。生産量は少なくこちらも地域密着型のお肉になります。遊びに行った時には是非お召し上がりください。

 

特選和牛静岡そだち

このお肉は当サイトでもローストビーフのお取り寄せを見つけて紹介しています。赤身が美味しく、是非一度ご賞味いただきたいお肉になります。知名度は高くないものの美味しさはかなり上位に位置すると思います。

 

 

愛知県のブランド牛

愛知県には数多くの牛がブランド化されています。全国的にも温暖な地域であることから、牛の飼育がしやすいのだと思います。ピュア愛知、みさき牛、あいち牛、あつみ牛、あいち知多牛など多くあるが、A5ランクなど品質にもこだわりのあるお肉はみかわ牛になります。

 

みかわ牛

愛知県の温暖な気候の中で育てられた黒毛和種のお肉です。みかわ牛と名付けられるものはA5ランク、A4ランクのものがブランド化されて出荷されます。すき焼きやしゃぶしゃぶなどで美味しく食べられるのですが、地元の家庭料理のなかには「みかわ牛のバルサミコ煮味噌」があり、この地方で有名な八丁味噌を使って調理したものがあります。お酒のおつまみとして美味しいです。

 

 

三重県の銘柄牛

三重県は当サイトでも抜群の美味しさと知名度からギフト用の牛肉としておススメしている商品になります。兵庫県発祥の黒毛和種をこだわりの飼料で育てることで最高の霜降りと旨みを持ったお肉に育てた牛です。日本一のお肉といっても良いでしょう。松阪牛の他には伊賀牛も有名でこちらも最高品質であることは間違いないです。その他には鈴鹿山麓和牛、三重和牛などがあり、地元では手ごろな価格で食べられることから人気があります。

 

松阪牛

三重県のみならず日本を代表するお肉。赤身と脂肪のバランスが良く、美しさすら感じられる牛肉になります。出荷月例は26〜36か月とし、丁寧に育て上げられています。松阪牛は兵庫県の但馬牛をはじめ、全国各地から良質な黒毛和種の子牛を買い入れて飼育された牛で、松阪市とその周辺の地域で育てられた牛に名付けられます。餌に独自のノウハウがあり、甘みのある脂肪は他では味わえないほどに美味しいです。
ご当地ではすき焼きで食されるのが多いです。口に入れると甘みとうまみが広がります。伊勢にお参りに行く機会があれば是非立ち寄ってみてください。

 

 

滋賀県の銘柄牛

滋賀県の畜産業は琵琶湖周辺で行われており、江戸時代は京都や大阪に通じる商業の証書として栄えた。特に近江牛は当時より有名で、水戸の徳川斉昭も健康のために牛肉を取り寄せしていたとも伝えられています。日本で黒毛和牛が人気になった火付け役とも言われる近江牛。美味しさは近代にも代々受け継がれています。

 

近江牛

近江牛は滋賀県内で選び抜かれた素牛を丹精込めて飼育された黒毛和牛の牛で、雌牛もしくは去勢された雄牛が認証されている。独特の食感ととろけるような風味で人気が高いです。ご当地グルメとしてすき焼きが有名です。その他ステーキでもしゃぶしゃぶでも美味しく食べられます。日本3大和牛の一つともされており、ブランド力や知名度は十分、私もギフト用としてかなりおススメのお肉です。

 

 

京都の銘柄牛

京都肉

黒毛和種のお肉であり、日本食肉格付け協会での枝肉格付けがA5ランクかB4ランクであるものをいいます。京都府内で最も長く飼育されていたものでなければならないという条件があります。知名度は低いです。

 

亀岡牛

亀岡牛は京都府の田舎で飼育された和牛です。亀岡地域は緑豊かでお水もきれいな土地、しかも季節によって気温の差が大きいので引き締まった美味しいお肉が育ちます。県外では多くは出回ってないので、国内旅行で近くにお立ち寄りの際に召し上がるのがよいでしょう。

 

 

大阪府のブランド牛

大阪府は関西の超有名ブランド牛である神戸ビーフや但馬牛、近江牛など多くのものが周りにあり、銘柄牛は現時点で1種類しかないと思います。

 

大阪ウメビーフ

この牛は飼育に使う飼料が独特なため、他の黒毛和種とは少々異なる味わいがあります。大阪府にはチョーヤ梅酒がありますが、この時に残った梅の果肉を餌に入れるのが特長です。ホルスタイン種と黒毛和種を混ぜて誕生したお肉です。梅の実に含まれる食物繊維や有効成分が牛の胃腸に作用し、健康に育てられるのだそうです。通販ではなかなか入手できません。地元では人気があるそうです。

 

 

兵庫県の銘柄牛

兵庫県は全国の銘柄牛の素牛にもなる但馬牛があります。その他神戸ビーフ、三田牛など全国的にも知名度のある和牛の代表選手のようなお肉が多く存在します。黒毛和牛がうまく育てられる環境と伝統的に技術を磨いてきた成果でしょうね。

 

但馬牛

神戸牛や近江牛などの素牛でもある但馬牛。黒毛和牛であり、繊細な肉質や格別なうまみがある。神戸牛や松阪牛などはこの但馬地方で生まれた牛をそれぞれの土地に移してあげて育ててもらったものです。産地ごとに気候や育て方が異なるために味わいが違うお肉が出来上がります。
但馬牛自体も本当に美味しく、和牛香も豊かで食べると舌の上で肉本来の旨みと合わさり幸せになれます。但馬牛の中でもとくに神戸ビーフの基準を満たしているものは「神戸ビーフ」と「但馬牛」どちらでも名乗ることができるそうです。私もよく但馬牛をギフト用商品として使わせてもらっておりますが、誰に送っても喜んでもらえます。

 

神戸ビーフ

兵庫県南部で育てられた神戸ビーフ、神戸牛とも呼ばれます。海外の方の人気は松阪牛よりも上、とろけるような食感と香りで有名になりました。細やかなサシが入った霜降り肉が特長で歩留等級がA、Bランクでなければならず。その他未経産牛もしくは去勢肉であり、枝肉重量や脂肪交雑の値などに厳しい条件がある。現在はアメリカでも普及しているようで、やはりステーキで食べるのがおススメです。

 

三田牛

但馬牛として育った牛を三田市で25か月以上飼育した黒毛和牛になります。もともと但馬牛であるために味は一流です。但馬牛、神戸ビーフよりも安価で入手できるので地元でも人気が高いです。甘いお肉ですき焼きで食べると美味しいです。三田地方は美味しい水で有名な六甲山系のものが手に入りやすく、山に囲まれた地域なため、寒暖の差が大きい。これによって引き締まったお肉が出来上がります。