名古屋駅で購入できるブランド牛の駅弁|飛騨牛めし

たまに食べる駅弁でもお肉好きなら美味しい牛肉の入ったものを食べたくなってしまいますね。牛肉弁当は全国各地に数あれど、本当に美味しいのかはわかりにくいものです。

 

今回は岐阜に遊びに行くことがありまして、その帰りに名古屋駅を使いました。名古屋駅で買った駅弁の話が多くなっていますね。名古屋駅ではいつもなぜか乗り換えに時間があるので駅弁を見に行く時間があって、ついつい買ってしまうためなんです。

 

これまでも近江牛の駅弁について書いていますが、なかなか美味しかったのです。

 

飛騨牛めし【ブランド牛駅弁】近江牛で食べるべき駅弁はこの記事でご確認ください

 

選んだのは「飛騨牛めし」です。名古屋駅では近江牛、松阪牛、飛騨牛と超有名和牛のお弁当が選べるんですよ。おそらく神戸駅や山形駅などでも同じようにお肉選び放題になっていると予想されるので、いつか電車で遊びに行きたいなと思ってます。

 

株式会社だるまさんが作ってくださっているのですね。割り箸が入った袋にダルマの絵が描かれていて可愛いです。

 

早速蓋を開けてみましょう。

 

 

牛丼ですね。煮物と温泉卵とお漬物がついています。おしょうゆのいい香りがします。

 

 

 

お肉の量は少なめですね、一見するとご飯の上全体に山盛りになっているように感じますが、実際には下にたまねぎが敷かれているのがわかります。味は飛騨牛という割には脂肪分が少なくお肉もちょっと硬いです。う〜ん、残念。。

 

 

 

おすすめの食べ方は、温泉卵をくずしてからたっぷり付けて食べるという方法です。味付けがすき焼きのような感じになっているので、卵とは相性が良いです。たりない脂分を卵黄のまろやかさで保管できるのでバランスが良くなります。