意外と知らないお中元のマナー

お中元を送る時期

お中元やお歳暮という風習が日本には、ありますが大人になっても意外と正しいマナーについて分かっていないことがあります。ここで是非一度正しい作法について確認してみてください。

 

一般的にお中元を送る時期は関東と関西で微妙に異なります。
関東の場合には6月下旬から7月15日までに届くように贈ります。一方で関西の方へは7月上旬から8月15日までに贈るのが良いとされています。
最近ではかつての日本より簡単に住む場所を変えられるような時代になったため、関東・関西の違いは気にしなくなっているのが現状です。

 

特に大切な、お世話になった方や目上の方には関東と関西の地方による重複時期である
7月1日〜7月15日の間に相手に届くように贈るのがお勧めです。

 

 

お中元を送り忘れた場合の対処法

気付いたらお中元を送る時期を過ぎてしまい困った方はきっと多いと思います。
忘れたからといって、無視してしまっては相手に失礼があるかもしれませんし少し寂しい気がしますよね。

 

こんな時はのしの表書きの表記を替えれば大丈夫☆
関東地方の場合には
7月16日〜8月12日は「暑中お見舞い」
8月17日〜8月31日は「残暑お見舞い」
とします。
お気づきでしょうが、この残暑お見舞いへの変化はお盆前か後かの違いです。
お盆中は相手が忙しかったり、不在の可能性も高いので避けたほうが懸命です。

 

 

同様に関西は
7月上旬〜8月12日は「お中元」
8月17日〜8月31日は「残暑お見舞い」

 

 

本当は会って直接渡したいですが、現代人は忙しいことも多いです。
インターネットの店舗ではお中元専用のセットなど相手に失礼のない対応をしてくれることが多いです。
気になる方は一度検討しても良いでしょう。