お中元をもらったときのお礼の言い方

お中元やお歳暮など季節の挨拶をいただいた時にどうしていいか分かりませんよね。
相手に失礼のない、お礼の伝え方を紹介します。

 

お礼状を書きましょう

お中元が届いたことを伝えるためにお礼状を送ると良いです。
感謝の気持ちをしっかり伝えてみましょう。
友人などでしたら比較的自由に書いてもらってかまいませんが以下の要素をいれると良いと思います。

 

お礼状に書いておきたいポイント

・挨拶の一文
・お中元をもらったことに対する感謝の一文
・相手の健康を願う一文
・日付と自分の名前

 

意外と簡単でしょう。
もらったら早め、できれば2〜3日の間に手紙を投函すると良いです。
はがきでも良いのですが、好ましくは封書でお礼状は書いてみましょう。
目上の方にハガキを出すのは失礼と取られる場合がありますので御注意ください。

 

 

知人への一般的なお礼状

一般的なお礼状の例を念のため載せておきます。

○○○○様

 

拝啓 盛夏の候、皆様には益々ご健勝のことと存じ上げます。お蔭様をもちまして、私は毎日元気に過ごしております。

 

 さて、本日はお心のこもったお品をくださり、誠にありがとうございました。いつもながらの優しいお心遣い心より感謝いたします。

 

 まだしばらく暑い日が続くかと思いますので、体調を崩されませぬようご留意ください。

 

 まずは、略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。

 

敬具

 

平成○○年○月○日
自分の氏名