美容に重要なサポート栄養素とは

炭水化物、脂質、たんぱく質が3大栄養素になりますが、これを効率よく吸収するために必要な栄養素があります。これはビタミンとミネラルです。3大栄養素とこれらを合わせた5種を「5台栄養素」と呼びます。

 

ビタミンは3大栄養素のようにエネルギーや身体の組織になるものではありません。3大栄養素の代謝を助け、身体の調子を整える役割があります。種類は全部で13種類。ビタミンCなどだけでなくナイアシンや葉酸なども含まれます。

 

ミネラルもビタミンと同様に身体の機能調節のために働きます。人の身体のうち骨や歯の原料となったり酵素を助けて代謝を調節したりするなど、身体の維持をするために必要な栄養素になります。

 

どちらも体内では合成できない栄養素なので、食品から摂取しなければなりません。正しい食べ方をするとより効果的に美しくなっていけるのです。
今回はビタミンについて、美容のためのどこに効果が出るのか詳しく見ていきます。

 

 

ビタミン類

油に溶けやすい脂溶性ビタミンが4種類(A,D,E,K)。水に溶けやすい水溶性ビタミンが9種類(B1,B12,B6,C,ナイアシン,パントテン酸,ビオチン、葉酸)の全部で13種類です。美肌作りには欠かせないのでうまく身体に取り入れましょう

 

ビタミンA

不足すると肌が乾燥したり、髪の毛がパサパサしたりします。女性らしい潤いを出すためには欠かせません。レバーやうなぎ、乳製品に多く含まれています。

 

ビタミンD

骨の発達や歯の発育に欠かせない栄養素です。カルシウムとリンの吸収を高めることで丈夫な骨や歯を作るのに役立ちます。きのこ類や紅鮭、さんまなどから摂って下さい。

 

ビタミンE

細胞の老化を抑えてホルモンの分泌を正常な状態に保つことができます。植物油やナッツ類の多く含まれています。さらにビタミンA、ビタミンC、ビタミンB2と一緒に摂取すると相乗効果で抗酸化作用が強く働くようになります。アンチエイジングといえばビタミンです。

 

ビタミンK

丈夫な骨を作るのに必要です。また血が固まるのを助ける作用がある栄養素です。大人になると腸内で合成できるようになりますが、人によって合成量はまちまち。できれば食品から摂取するのをお勧めします。発酵食品の納豆やチーズ、モロヘイヤ、ほうれん草などの緑黄色野菜を食べましょう。

 

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変換するのを助ける働きがあるビタミンB1です。不足するといらいらしたり冷え性になったりと女性にとって必要不可欠です。豚肉、魚介類、ナッツ類、きのこ類、大豆類に多く含まれています。

 

ビタミンB2

脂質の代謝を補助することができる、重要な栄養素です。髪の毛やつめなどの細胞を活性化するので美しい髪を手に入れるのに必須です。髪の毛は年齢が出るといわれています。アンチエイジングに絶対摂っておかなければいけない栄養素なんですね。ほかにもニキビや吹き出物など肌の黄色信号にも改善効果があります。レバー、乳製品、魚、納豆、きのこなどに豊富に含まれています。

 

ナイアシン

肌の乾燥やシワの改善に効果があるのがナイアシンです。肉や魚、ナッツ、コーヒー、紅茶などに多く含まれています。スイーツにはナッツが結構入っていますし、おしゃれなティータイムは美容にも効果があるんですね☆

 

ビタミンB6

たんぱく質の代謝を助けるといわれており、米や蕎麦、ナッツ、にんにくなどに含まれています。女性ホルモンの分泌にも作用し、貧血や肌荒れが抑制されます。

 

ビタミンB12

これもたんぱく質の代謝にかかわっている栄養素です。植物性食品にはほとんど含まれていないために、お野菜ダイエットをしている方は要注意です。手足がしびれやすくなったなどあれば、早めにサプリメントを摂取してください。貧血を起こしやすい方このビタミンを摂ると改善されます。食べ物ではあさりやしじみ、レバーに含まれています。

 

ビタミンC

昔からビタミンといえばビタミンCでした。これは美人の元であることを知っている方は多いでしょうね。かんきつ類や緑黄色野菜に多く含まれています。水に溶けやすいのでサラダで食べるのが良いとされています。肌質の改善、しみやそばかすの色素沈着防止の効果があります。