やまとのおいしいステーキギフト用を焼いてみた

A5ランクの松阪牛専門店のやまとのギフトは、手配やお肉の品質など私はオススメしています。
今回はもも肉の種類の中で最も人気のあるランプ肉のギフトセットを頼んでみました。
人にプレゼントするものはできるだけ体験しておきたいと考えています。大切な人にどんなものが届くのか、見てみたいですよね。

 

ステーキ用として人気の高いランプ肉、わたしもさっぱりと食べられるステーキの部位でお気に入りです。
お年寄りは脂っこいのが苦手な人もいますが、もも肉はジューシーで美味しいと喜んでもらえます。

 

では調理開始です。
まずは、贈られてきた状態のものが冷凍になっているので、解凍します。
あせりは禁物、食べたい日の1日前から冷蔵庫に移しておくのが良いでしょう。
ゆっくり溶かさないと肉汁が外に出てしまい味が落ちます。

 

この冷凍の状態でも少し柔らかかったのが印象的、例えるならスーパーの常温の豚ロースくらいの感覚です。
本当に良いステーキ肉はこんなにふんわりなのですね。
牛脂も一緒に冷蔵庫に入れておきます。

 

今回のギフト用ランプ肉の厚み、計ってみるとだいぶ分厚い。
500円玉と同じくらい☆ボリューム満点!!

 

赤身の中にちょうど良い霜降りが入っていますね。室温でもツヤがでるほど。
これはお口に入れたら融けそうですね。

 

両面に軽く塩コショウをします。

 

付属の牛脂をフライパンの上にのせました。
今回鉄製のフライパンを使っていますが、ホットプレートやフッ素加工のフライパンで焼けるようですので心配ないです。
この時点では強火にしています。

 

片面に焼き色を付けたらひっくり返します。
この時間約2分。

 

ちょうどいい焼き加減でしょう。
ひっくり返してまた1分強、最後に小さじ1杯程度のお醤油を回しかければ完成です☆
(この焼き方、じつは全部付属の焼き方説明書を参考にしてます、いたれりつくせり♪)

 

盛り付けをしてみました。
お肉と相性のよい、消化を促進してくれるお野菜とあわせると良いです。
今回はミニトマト、ベビーリーフ、マッシュポテト、にんじんのグラッセです。

 

ちょっとのわさびを乗せていただきました。
 

 

 

味のお話をしようと思っていたら、焼き方だけで長くなってしまいました。
別記事を御確認ください。

 

松阪牛ランプステーキのクチコミ【体験】やまとの松阪牛ステーキの味紹介してます