いきなりステーキの肉の味が気になる

いきなりステーキ お肉の味は?

 

2013年にオープンし、今現在100店舗近くまで展開しているステーキチェーン店。
中居正広のミになる図書館やとくダネなどさまざまなメディアに紹介されて気になっている方も多いと思います。
本格的なステーキが立ち食いで安く食べれるのが人気の秘密でしょうね。入店したら席に案内されます。
再度メニューを注文し、肉の種類と量を選びます。国産もオージービーフも置いてます。目の前でカットしたお肉を量り売りしてくれるんです。
オススメはリブロースステーキのレアだそうです。

 

炭火と溶岩の遠赤外線で分厚いお肉でも中までしっかり焼いてくれます。これは本格的ですね。
マスタード、ステーキソース、わさびなどソースは色々選べます。
オリジナルステーキソースは美味しそうです。
付け合せは自由ですが基本はオニオンとコーンです。オプションで自由にブロッコリーなど栄養を整えて☆

 

ハンパに残ったブロックも乱切りカットステーキになるというお肉の無駄がないのも良いですね。

 

 

ステーキの鉄板が熱い理由

いきなりステーキの社長によると、ステーキの鉄板が熱いまま提供されるのには理由があるとのこと。
そのほかのファミリー向けレストランでも熱々の鉄板にお肉が乗ってますね。
これはソースをすぐに掛けて、ソースを完成させたいのだそうです。さらにこの加熱によってソースが肉の中にしみこむという効果もあるそうです。

 

熱々の鉄板は見た目だけでなく、味にも意味があったのですね。