名古屋駅構内で購入可能 近江牛の駅弁

近江牛としょいめし【ブランド牛駅弁レビュー】
出張で名古屋へ行く機会があったので帰りに、大好きなお肉の駅弁を買ってみました。
新幹線の中で食べるのも良いのですが、おうちに帰ってゆっくり食べるのが私の小さな楽しみなのです。

 

今回はブランド牛として名高い「近江牛」のお弁当です。
井筒屋さんの「近江牛としょいめし」という名前の弁当です。

 

しょいめし?と思われる方も多いと多いと思いますが、これは滋賀県の郷土料理のようで醤油の炊き込みご飯です。
「しょうゆめし」ですね☆

 

近江牛としょいめし【ブランド牛駅弁レビュー】
本当は新幹線の米原駅で売っている商品ですが、名古屋駅に出ているんですね。
名古屋駅は三重の名物「赤福」も購入できたりと品揃えはとても良い印象。郷土料理好きにはありがたいですね。

 

近江牛としょいめし【ブランド牛駅弁レビュー】
箱を開けると、刻みのりが入っていました。
これはステーキの乗っているほうに使うようです。(私は最初もうひとつの方にかけてしまいました、注意です☆)
近江牛としょいめし【ブランド牛駅弁レビュー】
左側がステーキ丼。
ご飯はのり、青じそ、ゴマと薬味の風味が合って、ステーキ肉を引き立ててくれます。醤油はしょっぱさよりもうま味が強いです。お肉は霜降り肉を焼いているのですが、流石に近江牛、冷えても口の中の温度で融けていきます。最高!!

 

右側がまた美味しいです。ご飯は柚子とすだちポン酢をベースに、こんぶのうま味が凝縮された炊き込みご飯でした。ご飯だけでも美味しすぎる!!さっぱりしていて夏の食欲のないときでもぺろりと食べられそうです。乗っているお肉は肩のお肉でしょうか。しゃぶしゃぶ肉にポン酢の味がしみこんでいて、これまた美味しい。

 

近江牛としょいめし【ブランド牛駅弁レビュー】

 

また購入します。
次は新幹線の社内で食べてみようっと。