国内で育てられたら和牛なの?

黒毛和牛をはじめとする全部で4つの牛の種類を和牛と呼んでいます。。
つまり、日本で育てられたから和牛ではないんです。
4種類がもし海外で育てられたとしたら、これは「和牛」。
分かりにくいですね。

 

黒毛和牛(黒毛和種)

毛・角・肢が黒く、体が良く締まっていることが特徴。他の和牛品種よりも、世界のどの牛よりも肉質に優れ、品質の良いものは赤味にまでサシが入り、特に脂肪の風味が良い。和牛の生産の90%以上はこの品種

 

褐色和牛(褐色和種)

毛の色が赤褐色から黄色味をおびた褐色で体格が良い。発育が良いという特徴があり高知県や熊本県の赤牛がこれ。元々朝鮮牛とシンメンタール種を交配して品種改良された。味は爽やかで赤身が多い。

 

日本短角和牛(日本短角種)

毛の色は褐色。骨が太く体格が良い。
在来種の南部牛とイギリスのショートホーン種を掛け合わせて作られた。
赤身は柔らかい。

 

無角和牛(無角和種)

毛の色は黒く角はない。山口県阿武隈産の在来種にイギリスのアバディーン・アンガスを交配して改良された品種。赤身が多く、皮下脂肪が厚いという特長がある。

 

ただこのサイトで紹介している牛は正真正銘日本で育てられた
生粋の「和牛」になります。
それをあらわすためか現在のブランド牛というのは
「地名」+「和牛」の名前で販売しているものが多いです。
  例えば、皆さん大好きな松阪牛、前沢牛、近江牛などがありますね☆

 

では国産牛って何なの?

和牛は選ばれた全4品種の総称であるということはすでにお伝えしました。
一方、似た単語である「国産牛」って何でしょうか。
これは品種に関係なく、一定期間以上日本国内で飼育された牛のことを言います。
外国で生まれた牛や外国種でも日本国内での飼育期間が長ければ国産牛となります。
間違えやすいですが、国産和牛なら品質は安心ですね。